Day 103 – Biplane Adventures

20130824_RCH_1443When we last met with our friends, Sean and Ayako, at Little Creatures last week, Sean was talking about a friend of his that he often goes flying with. We joked that we’d love to go flying sometime, and the result of that is we were invited along today, too! We travelled down to Serpentine Airport, about 45 minutes south of Perth together. Sean told us about his friend’s amazing biplane collection, but it wasn’t until we slipped into his hangar that we really realised just how phenomenal his collection was. In this hangar there were six beautiful classic planes. We met his friend, Bert, and shared a second breakfast.

20130824_RCH_1449 20130824_RCH_1453The first plane of the day was his Nord. I have to confess, I have forgotten the official names of these planes, some type of moth? Anyway, it was a beautiful single wing plane with a closed canopy. Apparently it saw wartime action in the North of Africa at one point in its life. We decided to let Risa be the first passenger. We put on her radio headset and strapped her in. It was an absolutely perfect morning – next to no wind, and clear sunny skies – so Bert went for a 20-minute scenic joy flight over to the coast.

20130824_RCH_1478 20130824_RCH_1480Sean said he comes here often, and usually tries to help out with some of the chores to help pay his way. So, today we all chipped in and helped to cut the grass around the hangar. Was a pleasure to help out.

20130824_RCH_1485 20130824_RCH_1489 20130824_RCH_1492 20130824_RCH_1498 20130824_RCH_1505After a wonderful picnic lunch, one of Bert’s friends, Graham, finished his flight and taxied his beautiful old biplane next to our hangar. Graham is in his 80s now and has been flying professionally since he was 18! All manner of planes. So, when he extended the offer to go for a flight with him in his classic, I couldn’t resist. I was genuinely surprised at the acceleration of this little plane – sure, I’ve been on faster bikes/cars, but not by much. We took a gentle 10-minute cruise up and around the area over the airport. The weather was starting to turn (there were clouds on the horizon) but it was still a wonderful view. It was my first time in such a small plane, and also my first time in an open cockpit. Behind the cowl it was quite quiet, but as soon as I stuck my head over the small Perspex screen, I was hit with the full noise/force of the wind. I took my camera, but it was very cramped so I decided instead to just relax and enjoy the views. We landed on the grass runway and it was one of the smoothest landings I’ve had in a plane. A beautiful little plane, and I was genuinely thrilled that he shared his toy with me.

20130824_RCH_1506Graham also took Sean’s wife, Ayako, up too.

20130824_RCH_1509 20130824_RCH_1511 20130824_RCH_1515 20130824_RCH_1535 20130824_RCH_1551 20130824_RCH_1564 20130826_Barrel RollThe joyride in the pup moth? (I’m sorry, I really didn’t remember the plane names) was fun, but when Bert offered to take me up in his acrobatic plane to do some stunts, I could barely contain my excitement. This ex-Japanese fighter biplane was stunning. I put on my radio headset and goggles and had Bert explain the plane to me. This plane had real acceleration, much faster than Graham’s small wooden framed plane. We flew around above the airport for a while. Both of these planes had dual controls and Bert let me get a feel for it for a short time – some left and right turns, and going up and down. It was amazing how nimble and communicative the plane was. After a few minutes of letting me play around, he took back the controls and double checked I still wanted to do some stunts. I’m a g-force junkie, so there was no way I was going to pass up this opportunity! We started with a loop. He told me to throw my head back and look up, and it was amazing seeing the sky below the horizon and the ground coming towards us. It wasn’t until we started to level out that I really felt the g-force pulling my stomach around. It was amazing, and I was smiling and laughing uncontrollably. He then launched into two barrel rolls with ease and flew back towards the airport. We then dipped the wings a few times to let the guys on the ground know that we were going to do some stunts. Another loop, followed by another two barrel rolls and finished off with a stall turn. It was the most fun I’ve had in such a long time and I was already thinking about how I was going to be able to buy a plane when we gently touched down on the grass runway. I was still smiling and laughing when we finished taxiing to his hangar.

20130824_RCH_1602 20130824_RCH_1607 20130824_RCH_1646 20130824_RCH_1604 20130824_RCH_1691I thought that it could be a fun opportunity to take some wedding photos with Bert’s classic planes, so we threw our suit/dress into the car. Sean must have mentioned something to Bert because they organised to get his other plane, the immaculate fox moth (?) ex-Flying Doctor Service biplane. This plane was absolutely stunning! All of these planes wouldn’t look out of place in a museum, but this one was, in my mind, the centrepiece.

We also jumped into the Japanese fighter for a few photos (it was handy having someone to take them, instead of having to rely on a tripod/timer), then shuffled all the planes back into the hangar (which was certainly a moment worthy of some Tetris background music). We joined Bert and his wife, Carol (sp?) for some drinks. Really fantastic people, it was hard to leave. Hopefully we get to meet them again somewhere.

20130824_RCH_1695 20130825_RCH_1697 20130824_RCH_1696We rushed into town to join a Niseko friend for dinner in North Bridge (not Knights Bridge…). We’d missed him by a day in Geraldton, and were lucky enough to catch him while he was in Perth this weekend (he’s moved from Fremantle to Melbourne). We joined him and his friends at a nice restaurant in town called Bivouac – a bit posh/fancy, but not too expensive, and generally quite tasty. We walked around town for a while, checking out the night life (something between Kings Cross in Sydney and Fortitude Valley in Brisbane). I’ve heard it can get quite unruly here, but we were spared any scuffles/violence. Dan took us to a small cosy bar that was serving Coke in jam jars and playing classic DJ Shadow/RJD2/DJ Krush. Chilled end to a fantastic, unforgettable day.

103日目 8月24日 (土)  空の旅!!

ブリスベンで出会ったお友達のあやちゃんの旦那さんショーンさんのお仕事のお知り合いのBurtさんは、クラシックな飛行機のコレクターで、飛行機大好きなショーンさんが時々飛行機に乗せてもらうそうで、先週一緒にご飯を食べにいった時に、ぜひ一緒に行きたい!とわがままを言ってお願いをしたtところ、、、それがなんと叶いました〜 ショーンさんありがとう!!

朝8時前にあやちゃんとショーンのお家へ向かい、そこから一緒にパースの南45分程の場所にあるSerpentineという小さな飛行場へ。

到着すると、ナイスなBMWのオープンカーが停まっています。すでにバートさんは、到着しているようです。

すてきなイタリアな紳士と聞いていたとおり、物腰のとても柔らかな、すてきなイタリア/イギリスアクセントで、おしゃれなまさに紳士!

大きな格納庫には、クラシックでとっても素敵な飛行機が、1機、2機、3機、、6機! しかもここには、入りきらない飛行機がまだまだあるらしい。わお!!!! すごい。。。
軽い朝食と、コーヒーを頂き、いよいよ飛行機を動かします。

飛行機は、とっても軽い素材で出来ているようで、2、3人で格納庫から飛行機を押して外へ出します。
羽は、プラスチックやスチールではなく、キャンバスの様な素材でできていました。

どこから見ても美しいけど、特に印象的だったのが、プロペラ部分。 大半は木で作られていて、上等な家具の様に一つ一つの木目が とってもキレイ。

Nordと書かれたオレンジ色のフランス製の飛行機に乗せてもらう事になりました。  これは、北アフリカで戦争の際に実際に使われていたらしい。

彼の所有しているクラシックバイプレインのほとんどは、2名用でこの飛行機も2人乗り。 限界の限り軽量に作られているため、座席はカプセルのようでかなり狭めですが、乗り心地は良く、ワクワク。

紅の豚のような、探検家のような、レザーのヘルメットをかぶって、ベルトを締め、無線チェック、バートさんから安全のレクチャーを受けいざ出発!

機体が軽い為、ジャンボジェットのように長い助走はなしで、走り出したと思ったらあっという間に宙に浮いていました。 飛行機からの景色は、のどかなみどりの牧草地帯。 空港の辺りをぐるっと一周し、ビーチを目指す前に挨拶するように滑走路ギリギリを低空飛行し、ロス達に手を振りました。

お天気にも恵まれ、機内から見える海は、とても濃いグリーンとブルーの素晴しいグラデーションでした。 ビーチでくつろいでいる人々も見えます。

複雑な海岸線、美しい緑、そして素晴しい青い海。 地球はなんて美しいのだろうと再確認させられる瞬間でした。

いつもこんな美しい景色を見る事ができる、同じ高さを飛んでいた鳥達がうらやましいなぁ〜

ランディングは、いままで乗ったどの飛行機よりもスムーズでした。飛行機に乗った瞬間から、飛行機を降りた後も終始顔が笑ったまま。

空のさんぽ、とても贅沢な趣味ですがハマりそう。さいこうだった〜!
お楽しみのあとは、バートさんのお手伝い。 格納庫の前の芝刈りと栄養剤まき。 久しぶりに日差しが暑く感じる程良いお天気で、みんなで外での作業はとっても楽しかった☆

お昼は、バートさんの奥様キャロルさんの手作りランチ。サラダ、チキン、チーズにフルーツ。 どれもとっても美味しかったです。

ランチを食べているとバーとさんの飛行機友達のグレハムさんがブルーの素敵なバイプレインで登場。 彼は、なんと80代ですがまだまだ趣味でほぼ毎日空の散歩を楽しんでいるそうです。 現役時代は、スイス航空を含め世界中で大活躍していたそう。

一緒にランチを食べ、楽しい団らん。 ランチの後はロスくんがグレハムさんからご招待を受け、彼の飛行機で空のドライブに行きました。 ロスくん満面の笑顔で帰って来たところをみると、とっても楽しんで来たようです。

その後は、残りの芝の作業を終え、あやちゃんがバートさんと一緒にグレハムさんの飛行機でドライブへ。  その後は、ロスくん、バートさんから旧日本軍の戦闘機(零戦)で、アクロバット飛行をしようかとご招待をうけ、アドレナリン中毒のロスくん、2つ返事で行ってきました!

この飛行機のペイントは、日本軍が戦時中に施していたペイントをそのままに再現したものだそうで、日本政府から許可を得てペイントしたものらしいです。 すごいこだわり!
ショーンさん曰く、この飛行機を含め、彼が所有している飛行機のほとんどは、博物館レベルもしくはそれ以上のものだそう。 バートさんは真の紳士なので自慢事は、一切口にしないので、たぶんものすんごい価値のあるものがこの場には、溢れているのだろう。。。すごい!

何はともあれ、満面の笑みで出発したロス氏。 バートさんに操縦したい?と聞かれ、ロスは え?!で、できれば! と夢だった飛行機の操縦のレクチャーを受けました。(私も聞かれたけど、冗談だと思った。でも本気でも怖くてできないけど!)
私が乗った飛行機にも操縦スティックが2つあり、この飛行機にもあるらしく、フライト中に何度か操縦させてもらったみたい。

空港の辺りをしばらくクルージングして、いよいよアクロバット体制に入るのが見えました。
びゅーーーーんと急上昇したら、ぐるっとひっくり返ったり、横向きになったり。。 見てる方がちょっとこわいけど、少しやってみたい様な。。

後ほど飛行機に取り付けたGoProのビデオで撮ったビデオを見てみると、ロス氏今までに見た事のないほど最高の笑顔をしていました笑 やっぱアドレナリンジャンキーだねこの人!

アクロバット飛行から帰って来たロスくん、案の定最高の笑みを浮かべコックピットから出てきました。  この笑顔が全てを物語っている。。

その後は、バートさんのコレクションの中でも最高に贅沢で上品な佇まいの、初期のフライングドクターの飛行機と記念撮影。 操縦席の他に、かなり狭いながらも4人が乗れる席もあり、外も中もとってもエレガント。
でも実はこの飛行機は、バートさんの趣味ではないらしく、奥さんとの離婚によって破産寸前になった友人を救済する為に買い取ってあげたものらしい笑  この方本当にすごいです。 どんどん色んな伝説がでてきそう。。

最後はみんなで飛行機を格納庫にしまいますが、バートさん、おもちゃ(飛行機コレクション)がたくさんありすぎて、広いはずの格納庫がびっちりで、お互いをぶつけない様にしまうのが一苦労でした!笑

バートさんからお家で1杯飲みましょうとのお誘いを受け、バートさんと奥様のお家におじゃまする事に。

帰りはなんとバートさんのすてきなオープンカーで、夕暮れのパース市内までドライブ。  田舎の緑の空気と、鳥の声、オープンカーに乗るのは初めて?だと思うけど、とっても気持ちがええもんですねぇ〜

彼のお家は、巨大でたくさんのアートが飾られ、パースの街のが川の向こうに見渡せるステキなお家でした。 バートさんの奥様のキャロルさんも上品だけど、とっても気さくでステキな方でした。

話もはずみもっと長居したかったのですが、このあと友達との約束があったので、いっぱい感謝の辞を伝え、いつか地球のどこかでの再会を誓い、お別れをしました。

あやちゃん、ショーンさん、バートさんそしてキャロルさん、一生に思い出に残るステキな体験をどうもありがとうございました!!

そんな特別な体験の後は、ニセコで出会ったパース出身のお友達のダンとニセコ以来2年ぶりの再会。 ノースブリッジという昼間は、チャイナタウン、夜はオシャレなバーやレストランで若者があふれるエリアで夜ご飯と、美味しいお酒で、久々の再会、つもりにつもる話、とても良い夜を過ごせました。

あぁ〜今日も最高の1日でした!!!!

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s