Day 21 – Start of Cape York – Lakeland to Archer River (385km)

We were blessed with a fantastic sunset last night and absolutely mind-blowing stars again.

20130603_RCH_2883We were then equally blessed this morning when my natural alarm clock (the sun) started to rise around 6:30. It was amazing watching the sky awaken, and look down on all the rivers of fog flowing in the valleys below.

20130603_RCH_2908 20130603_RCH_2924 20130603_Untitled_Panorama120130603_RCH_2912About 50km north of where we stayed (near Lakeland) are some famous Aboriginal rock paintings. The area itself is beautiful and worth a quick stop for, but then to see these paintings, which are thousands of years old, just awesome. I know I’m a bad and disrespectful human being, but I couldn’t help but take photographs. So, to any Aboriginal people, I truly am sorry, but the paintings are too beautiful not to share (and keep a permanent record of). Some of the characters have descriptions, too. Sadly, all of the local Aboriginal population were either killed, or died of disease during the gold rush years, so sadly no living relatives remain to tell the full story.

20130603_RCH_2935 20130603_RCH_2946 20130603_RCH_2944It wasn’t until after the next town, Laura, that the lovely, smooth bitumen ceased, and the dirt highway began. Yesterday someone described the dirt road as a “six lane highway as far as Weipa”. Today I understand that statement, as it was probably the widest dirt road I’ve ever seen. Strangely, it seemed so much more un-natural and destructive, as it still looked like a giant construction site.

The condition of the road wasn’t actually that bad and it was quite easy/safe to sit at 80kph. Occasionally there would be stretches of corrugations, some so bad I worried that something would fall off the car, but luckily they didn’t last more than a few hundred meters.

20130603_RCH_293420130603_RCH_2933Most of the stops along the way were nothing more than petrol stations with attached campgrounds.

20130603_RCH_2947Coen was a little different though – it was an actual town, with houses and banks and cafes. They even had a ‘Sexchange Hotel’! Curious, I had to ask, and the explanation was so obvious it was embarrassing… some plumbers were drunk and decided to paint an ‘S’ in front of ‘Exchange Hotel’. Locals thought it was funny and has stayed for the past four/five years. Fuel was also a new record high – $171.9/L! The only sad thing was knowing that it’s only going to rise as we get closer to the tip.

20130603_RCH_2952 20130603_RCH_2953 20130603_RCH_2956 20130603_RCH_2964We pushed on a little further to a town called Archer River. Briefly considered actually paying for a campsite, but before throwing down some dollars, we did a quick drive around ‘town’ and found an amazing beach by a river. Couldn’t believe our luck – this is the kind of spot that I would actually pay for! Not some car park with a dozen Grey Nomads.

I’m a little paranoid though, there are no shortage of signs warning about crocodiles… though none on this river. It’s extremely shallow and freshwater, so I’m feeling somewhat confident.

20130603_RCH_2973Made a quick campfire (what is camping without a campfire?) and sat back eagerly awaiting another night of magical stars.

21日目 6月3日(月)  ケープヨーク突入!!

昨晩は僻地の山の上、おそらく人生で一番沢山の星を見る事ができました。肉眼でも銀河がくっきり。 流れ星、3つも見ちゃいました☆☆   朝は、これまた素晴しい朝焼けを見る事ができました。山には、うっすら霧と雲が広がっていて最高の一日の始まり。

またまたお茶漬けで朝ご飯をすませ、いざケープヨーク突入!  クックタウンから1時間ほどのところにある、アボリジニ人による古い洞窟画をみてきました。場所は無人で、箱に一人$5入れます。 絵自体は、どれ位古いのかはっきりわからないそうですが、同じ洞窟に(というか風化して岩の壁になってる)彫られている植物のモチーフはなんと1万3000年らしいです。 ひょえー。どんな人が描いたんだろう。子供の落書きだったりして笑 描いたときはこんな風にみんなに長い間見られるなんて思ってもいなかっただろうなぁ。。  あーもっとまじめに描いておけば良かったなーとか後悔してたりしてとか色々考えちゃいました。
そんな古のものを目にできて、とても心が躍りました。

クックタウンを出て、100kmほどは、舗装された道路になっていましたが、その先は、うっすら赤い土の道が広がるのみ。通り過ぎる町は、ガソリンスタンドに、公衆電話、ガソリンスタンドが小さな店&質素なキャラバンパークになっていて、店では飲み物、パンなどのシンプルなものが買えて、そこで買い物をするか、キャラバンパークに泊まればトイレを使わせてもらえます。  なので、一応町のそれぞれ名前はついていますが、町ではないですね笑  それでも、約70kmごとにこのようなガソリンスタンドがあるので、思った様にたくさん燃料を余分に積んで行かなくても大丈夫しした。 ちなみにブリスベンでは、$1.45/Lのディーゼルが、ケープヨークでは、$1.75/Lです。

写真でみるような真っ赤な土ではないですが、対向車と通りすぎると土ぼこりで一瞬なにもみえなくなります。 しかし、想像していたより全然道は平で、川渡りもなく、石が転がっている訳でもなく、所々アスファルトになっている場所もあったりでこれなら今のところは乗用車でも行けそうだぞ。
道のハジは、赤い土ぼこりに覆われた背に低い木が広がっていて、ところどころTVで見た事のあるアフリカの草原のような景色が広がっていたり、2mほどの高さの蟻塚が一面に広がっていたり、牧場の牛が道路に飛び出してきそうになったり、野生の巨大な豚やカンガルーの死体に動物園でしか見た事が無いほどめちゃくちゃ太い太ももを持った巨大なワシが群がっていたりで、なかなか見飽きない景色でした。

クックタウンから400kmほどのケープヨークのちょうど半場くらいにあるCoenという町は、学校があり、パブがあり、宿があり、博物館があり、ここは他の町に比べると激小ながらも町になっていました。 ガソリンスタンドの隣のパブはExchange Hotelという名前ですが、だいぶん前に看板を直す時にだれかがふざけて最初にSをつけて、それからSexchange Hotelになってしまっていて笑っちゃいます。

ここから3kmほどの場所のレストアリアでキャンプをする予定でしたが、予定より早くまだ3時過ぎ位だったので今日は、もう100km先のArcherという町(ではない町)まで走行し、キャンプ場ではなく川沿いでキャンプをしました。 簡素なコンクリートの橋が10年前位にできたそうですが、そればではここは、かなりの難所だったようです。  川沿いは砂で、低い木と岩が転がっていてとても個性的な美しい川です。 こんな素敵な場所で寝泊まりできるなんて毎日贅沢だなぁ。

今夜も星がとてもきれいです。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s