Day Thirteen – Kuranda

Joined the Diehms for breakfast – poor Max wasn’t feeling great.

20130526_RCH_2436 20130526_RCH_243720130526_RCH_2446 20130526_RCH_2447Drove to Freshwater Station to catch the Kuranda Scenic Railway to, funny enough, Kuranda. $49 each one way. Nice restored carriages give it a very nostalgic feeling. It’s a two-hour journey from ground level up to about 300m above sea level, slowly traversing at a 1:50 gradient.

20130526_RCH_2451 20130526_RCH_2462 20130526_RCH_2464 20130526_RCH_2470Not only was the scenery beautiful (it was), but it was generally interesting hearing about the history of the construction of the line. It was created at the peak of the gold rush, and created by men with picks and shovels (and a little dynamite) – phenomenal what can be achieved when enough hard working people are thrown at a task.

20130526_RCH_2477The journey passed through several small tunnels (again, built by men with picks/shovels), across quite a few bridges and past some beautiful waterfalls. Near the end of the journey we stopped at a lookout for the Baron Falls. Risa was telling me the other day that waterfalls no longer interest her, but even someone so hardened and desensitised to them had to admit that it was phenomenal. There wasn’t much water flowing while we were there, but I after seeing photos of it in full flood mode, I tend to think I prefer the sparse flows – it gave more of a sense of scale of the erosion that the falls have done.

20130526_RCH_2490 20130526_RCH_2491

The market area was nice, though we found it after the stalls had all shut… whoops!

20130526_RCH_2501 20130526_RCH_2503 20130526_RCH_2504We had time to kill in Kuranda town, so like the rest of the tourists that we travelled up with, we wandered around the streets that are full of shops trying to sell souvenirs and alternative lifestyle clothing. I’m being cynical, but still, it’s very much a town that has been created around the arrival of tourists on the scenic railway (or the skyrail gondola).

We tried to save money and catch public transport back down (rather than the train/gondola), but because we caught the train from Freshwater Station (rather than where the service begins at Cairns) it was quite complicated… It involved one bus, a walk/jog, an un-intentional hitch hike, some more jogging and a shuttle bus (and about $22 in total).

20130526_RCH_2509We met back up with Steve Diehm et. al. again, this time at a nice beach bar in Kewarra – it felt like we were in another country! We even found a perfect place to camp the night in the car park next door, complete with 24 hour bathroom with a cold shower!

We headed in to town to find some dinner at the Night Markets, instead we found a dodgy food court and stalls selling Ugg boots, cheap souvenirs and other cheaply made accessories – I don’t know why, but I thought that we’d find nice street-food style food… settled for cheese/salami sandwiches from Woolworths.

13日目 5月26日 (日) キュランダ鉄道!

朝、スティーブさんの家から近く、クラシックで素敵な趣のFresh Water駅まで運転しそこからキュランダ鉄道へ乗車する。 駅の目の前は、乗馬場があり子供から大人まで自分の馬と一緒にトレーニングに励んでいた。

列車が駅に到着するときは、大好きだった”世界の車窓から”の音楽とナレーションが頭の中で流れて、ちょっとドキドキした。   車内は、クラシックに改装してあり、趣があってステキ。

サトウキビ畑と住宅街を進むと、列車は徐々に急な山道を登り始めた。2時間ゆっくり時間をかけて300mほどの山を登って行く。 ゴールドラッシュ時代の人々は、この険しい山を自前で持参したツルハシとスコップのみで切り開き、一つ一つ石を取り除き、トンネルを掘り、急な崖の橋をかけこの鉄道を作ったというのは、実際乗ってみると本当に感動する。

列車からは、熱帯雨林、渓谷、いくつかの素晴しい滝、遠くグレートバリアリーフ近くの島々など様々な景色を見る事ができ、2時間の間一瞬たりとも飽きる暇はなく、全ての景色を写真に修めたくなる程美しかった。 片道ひとり$49の価値、保証します!

途中、バロン滝で10分間の一停車。この滝は、大きさも、地形の複雑さも今まででたくさん見て来た中でもかなり感動的でした!(ちょうど昨日ロスに、もう滝を見すぎてあんまり感動しなくなったって言ったばかりだったのに笑)  今は、乾期なので水量は、他の写真で見るよりかなり少ない様だけど、その分いつもなら水の下に隠れている複雑な崖の形をみることができました。

キュランダ駅もクラシックな趣で、とってもかわいらしい駅でした。 列車を降りて、ブラブラすることに。私は、駅をおりると森が広がっていると思っていたので、実は小さな町になっているという事実にちょっとビックリ。 町は、お土産屋さんがならんでいて、普通の観光地という感じ。。。ちょっとこれには、がっかり。 2人とも腹ぺこだったので、美味しそうなパイを食べて、帰りのバスの時間を調べて、(ケーブルカーで帰ろうかとも思ってましたが、2人で$100以上なのでこの旅先も長いので。) 時間まで、町の周りの森でトレッキングをすることに。

トレッキングは、全て木で舗装された道になっていて、ちょっと整備されすぎて自然な感じがせず残念でした。 バスは、4:10に出発するのですが、トレッキングもイマイチなので、バス停に向かい、側のマーケットを散策するも既に閉店している。。出発までの1時間ちょっとは、少々退屈でした笑   しかもどのバスもフレッシュウォーター駅には、行かないらしくキュランダからSmithfieldというショッピングセンターまで行って、($6)、そこから歩いて30分ほど離れたバス停からさらに違うシャトルバスに乗り換え。。そのシャトルバスさらになんと一人$10、、、 私は、ロスの帰りをショッピングセンターで待つ事に。 (ロスは歩いている途中1kmほど優しいドイツ人旅行者の車に拾われたらしい笑)

そんなこんなで、ちょっとトラブルな帰路でしたが、無事ロスはフレッシュウォーター駅まで戻り、私をピックアップし、スティーブ一家に誘われKewarra Beach resort内のビーチに面したバーで1杯のむことに。 素敵なホテル内を通り抜けるとうっすらと夕焼けが広がったビーチが広がり、ほぼ全員がローカルの家族ずれで子供達は、生バンド演奏で踊ったり、砂浜を走り回ったり、大人達は楽しそうに日曜の夕暮れを楽しんでいました。ヤシの木、ビーチハット、ライトなどまたしてもアジアのどこかのリゾート地にいるような感覚。

スティーブさん一家とゆかいな仲間達と別れ、私たちはケアンズの街のナイトマーケットに行ってみることに。でもがっかり。お土産屋さんと、あまり美味しくなさそうな料理が並ぶフードコートがあるのみ。。弟ショーンにギャグのお土産を買って、がっかりしながら退散。スーパーで食材を買って今晩は、先ほど行った街から20分ほどにKewarra Beachで車泊することに。

明日は、調子が悪かった車の点検を予約しています。 早く調子が良くなるといいけど、、

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s